家を買って運用してみるのも1つの手段

オプション、諸経費などのグロス価格は地方の築古物件では抑えられており、自己資金が少ない不動産投資家が参入しやすいメリットがあります。
投資はリターンとリスクが紙一重とも言われ、安易な考え、行動では損することも少なくはありません。
築古と雖も土地付き不動産ですから、元手が多い方がリスクを負いづらいものです。
近年の住宅金融機構では低金利が話題で、元手0でも住宅ローンを組んで不動産を購入し、賃貸併用住宅とした活用が可能です。
投資初心者には実績がなく、金利差が否めないのも事実、そうした意味で家を購入する投資法が、元手0のウリと口コミされています。
仲介手数料も無料であれば、住宅ローンの手数料や保証料など、資金繰りも難しくありません。
地方の築古物件も狙い目で、区分で200万円台もザラで、本来支払うべき家賃を貯蓄でき、購入時と同額で売却できれば、元本分もそのまま戻る仕組みです。
売却する時期の値動きによってはキャピタルゲインも見込めます。
人気高エリアでは値上がり益は見込みづらく、値下がりリスクの低い物件を選ぶことがリスクの低い投資初心者向きの手法です。