不動産売却の流れと方法について

不動産は状況に応じて売却をすることもあります。
この場合、どのような流れとなるのか、また、どのような方法があるのか把握をしておく必要があり、内容を理解しておくことで慌てずに準備を進めることができます。
売却をする場合には情報収集が大切になります。
現在はインターネットを利用することで簡単に相場を知ることができ、例えば一括査定サイトなどでは複数の業者から査定を受けることも可能です。
不動産の査定には簡易査定と訪問査定の2つがあります。
失敗しやすいのが簡易査定の価格を優先してしまうことがあり、ここでの価格はあくまでも机上での簡易的な見積りであることを理解しておくことが大切です。
訪問査定では不動産会社が実際に現地を確認し査定をします。
査定方法は業者によって違いはあるものの実勢に合わせた正確な価格を知ることができ、複数の業者へ見積り依頼をすることがポイントになります。
売却は、不動産会社と契約をした後に進められ、買主と売買契約締結後に物件引渡を行い終了します。
注意が必要なのは不動産会社との契約形態があり、具体的には専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約の3つがあります。
契約によって手法は異なり、ここではよく内容を理解した上で選択をすることが重要です。